Netflixオリジナルドラマ『Lupin / ルパン パート1』感想

Netflixフランスドラマ『Lupin / ルパン パート1』辛く悲しい動機…でも自分の夫なら嫌かも

Netflixオリジナルドラマ,●オリジナル作品,●地域別,フランスのドラマ

こんばんは☆lenoreです。

今回は、Netflixオリジナルドラマ『Lupin / ルパン パート1』 について書こうと思います🎩✨

映画『最強のふたり』で有名なオマール・シー主演のこのドラマ。

「いい人役のイメージが強いけど、今回は盗みをはたらく役。どんな感じかな?」とすごく期待して観てみました!



とても辛く悲しい動機だが…
【この段落以後、内容について記述があります】

オマール・シーが演じたアサン・ディオプという男性。

彼は14歳の頃に父ババカールを亡くしています(獄中で自殺😭)

 

というのも…

大富豪ユベール・ペレグリニの運転手として懸命に働いていたババカールでしたが、

「ペレグリニ所有の貴重な宝飾品“マリー・アントワネットの首飾り”を盗んだ」という

濡れ衣を着せられて服役することに。

 

そこでペレグリニの妻アンが、

移民の環境でアサンをひとりで育ててきたババカール

父が突然刑務所に行ってひとりきりになってしまったアサン

双方の身を案じて「無実だが罪を認めて釈放になった方がアサンの為にも…」と手を差し伸べようとするも…

ペレグリニの巧妙な手回しによって、ババカールには予想より重い刑が科されてしまいました→その結果獄中自殺。

 

当時まだ14歳だったアサンにはどうすることも出来ませんでしたが、

(父亡き後、施設に届いた父からの“罪を謝罪する”手紙も、困惑からか読んでいる途中で殴り捨ててしまった)

25年の月日をかけて、父からもらった大切な本のアルセーヌ・ルパンの様な “怪盗紳士” となり、

父にかぶせられた罪・死の真相・ペレグリニの裏の顔に迫ろうとします🎩

 

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

パート1全体を通して見ると、

アサンの復讐心や「真相を突き止めたい」という思いがすごく強いことが伝わってきましたし、

ペレグリニの個人的な事情の為にババカールが追いやられてしまった状況は相当酷いなと感じます😤

 

うん…アサンの気持ちはよく分かる!分かるんだけど…

やっぱりアサンがやってることはれっきとした「犯罪」なので…完全には同情し切れない部分があるかな…🤔

「違うやり方あったんじゃね?」的な…?でもそれだとドラマが成り立たないか😂笑

 

特に、パート1の後半あたりから元パートナーのクレールが思い悩んできた様子が明らかになってくると、

同じ女性・妻・母である身としては、

「お父さんの死の真相を暴こうとしてるのは分かる!でも今一番近くにいる、長い間一緒にいろいろ経験してきた、親友でもある“私たち”は?もうバカなことはしないで欲しい・信じさせて欲しいと感じていたところに息子ラウールを妊娠して、伝えるのさえすごく真剣になっていたのに。結局最終章ではラウールの誕生日祝い小旅行でペレグリニの手下につけられて、ラウールさらわれてしまってるじゃない!」

…と感じてしまいました😓

 

アサンって悪い人じゃないし、クレールやラウールを大切に思ってるのは事実なんだけど、

ちょっと人たらしというか憎みきれないというかニッコリ引き寄せといて肝心なとこで突き放してくる感じというか…

「正直自分の夫だったら相当困るかも。人間不信になりそうとまで考えちゃいました🙄



オマール・シーの笑顔と無表情

↑ここまでアサンのこと下げ気味で書いてしまいましたが笑、

なぜか憎みきれない・嫌いになりきれない・母性本能くすぐってくるような存在なのは、

演じられているオマール・シーの魅力がふんだんに散りばめられているからかなと感じます。

 

何が素晴らしいって、笑顔と無表情の演技の差が素晴らしい!

25年前の事件担当だったデュモン警視を問い詰める強い表情と、大切なクレールを見つめる優しい表情では、

「これ別人かな?」ってほど差がすごいんです。

そしてその差が、優しい表情の方をさらに引き立てるんですよね😳

(それこそがクレールが惑うところなのかも知れませんが…)

 

ペレグリニの娘ジュリエットが言い寄ってきた時も、笑顔と無表情で突き放していたけど…

あの2人の関係も気になるところです🧐



まとめ

設定は現代なのでウーバーイーツやドローン、アレクサのような機械も登場しますが、

基本的にアサンが使う手法は “アルセーヌ・ルパン仕込み” のため、

古さと新しさが絶妙なバランスで共存しています。

 

そこがサスペンス・スリラー・推理モノとしては物足りない部分もある…かもしれません

私は若干「パンチが弱いな」と感じたところが多かったです。

 

ルーヴル美術館に潜入したポール・セルニーヌ…Twitterに告発した者として出てきた“サルヴァトール813”…

アサンはたくさんの人に変装しましたが、その片付け方=アサンへの戻り方が、

その辺の道端にポーイ!という感じのが多くて大胆=ちょっとぞんざい?に感じてしまったところが多々…。

「これは普通に監視カメラにうつってんじゃない?」「流石に指紋やDNA残ってるっしょ?」

FAXしかなかった時代のトリック…とかでもないので、ちょっとその辺りの構成が惜しいなとも思いました。

 

何より、このドラマで描かれている警察が無能過ぎて…😓😂

「あんなにカメラに何回も映ってて、なんなら一番最初にルーヴルで会ってるんだからもうちょっとモンタージュ写真さっさと作れるっしょ?!」

「絶対なにか知ってるデュモン警視をなんでもっと調べないの?!」

「ルーヴルではペンをありがとうと言われたから、その人のメール通りベージュのジャケットの人を捕まえる…かもしれないけど、背格好や体格が全然違うからだいたいわからないものなのかな…??」

 

…刑事コロンボ・古畑任三郎・松本清張・火サス2時間ドラマなど、

緻密なタイプの推理モノが好きな私lenore的には、ツッコミたい衝動にかられまくる作品ですが、

とにかくオマール・シーの演技がとても素晴らしくて、

「それを見たい!」だけでも充分価値のある作品になっていると感じました。

 

パート1第5章の感じからすると、推理モノ・サスペンスモノとしての側面からよりも、

“人間の感情の揺らぎ・微細な動きを捉えた人間ドラマ”として観たほうが良いかも知れないなとも思います🎩✨



作品詳細

原題『LUPIN Dans L’Ombre D’Arsène』

2021年の作品

原作・制作…ジョージ・ケイ

●アサン・ディオプ(オマール・シー)…父の死の真相を知るため、“怪盗紳士”として活躍する。
●クレール(リュディヴィーヌ・サニエ)…アサンの元パートナー。アサンとは学生時代に知り合う。
●ラウール(エタン・シモン)…アサンとクレールの息子。
●ババカール・ディオプ(ファルガス・アサンデ)…アサンの父。マリー・アントワネットの首飾りを窃盗した罪を着せられる。
●ユベール・ペレグリニ(エルヴェ・ピエール)…裏の顔を持つ大富豪。
●ジュリエット・ペレグリニ(クロティルド・エメ)…ユベールの娘。
…他。

(参考:Netflix公式サイト , ウィキペディア

予告編

↑Netflixオリジナルドラマ『Lupin / ルパン パート1』予告編 英語   (Netflix公式サイトより)

 

読んでいただきありがとうございました。



にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村